ハイパーバイザー不要の仮想デスクトップ・ハイパーコンバージド・ソリューションのご紹介

シトリックスのパートナーであるアセンテック株式会社(以降、アセンテック)は、2016年10月31日にシンクライアントベンダーAtrust社と共同開発した仮想デスクトップソリューション「リモートPCアレイ(RPA)」の販売を開始することを発表いたしました。

アセンテックが提供するRPAは、1Uの筐体に20台の物理PCを搭載し、仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリー、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアをオールインワンにて提供するハイパーコンバージド・デスクトップ・ソリューションです。RPAは、物理PCにリモート接続を前提にした設計で、ハイパーバイザーが不要なソリューションとして提供され、企業や組織は従来必要とされていた設計や構築期間を削減することが可能であると同社は言います。

また、このRPAは、デスクトップ仮想化ソフトウェアとしてCitrix XenDesktopを採用することで高いパフォーマンスと高度なシステムへの適用が可能となります。

リモートPCアレイ(RPA)について

rpa

本情報の詳細は以下よりご確認いただけます。