Citrix HDX専用HDX System-on-a-Chipで実現する次世代デスクトップ仮想化

いよいよ2万円台の高性能シンクライアント・デバイスが登場!

2011年10月にスペインのバルセロナで開催されたCitrix Synergy Barcelonaでシトリックスが発表した内容をご記憶でしょうか?

シトリックスでは、デスクトップ仮想化を加速させる新たな戦略としてCitrix® HDX™ Ready System-on-a-Chip(SoC)を発表しました。
この発表は、デスクトップ仮想化を実現するための画面転送技術であるHDXテクノロジーをチップ化することにより、低価格な次世代のデバイスの提供を実現しようというシトリックスの戦略です。
具体的には、パソコンやタブレットに止まらずネットワークモニターや電話、スマートキーボードなど、これまでと全く異なる種類のデバイスに組み込む事で、パソコンを設置しなくても仮想アプリケーションや仮想デスクトップを直接表示することが可能になります。そして、このシトリックスの発表から数ヶ月後には、HDX SoCを活用したデバイスの日本国内における展開が始まりました。

今回、HDX対応SoC のシンクライアントを提供するNComputing社の日本代表 山田 哲夫氏にシトリックス製品に特化したシンクライアント「Nシリーズ」に関してお伺いしました。
また、日本国内においてシトリックス製品の認定ディストリビューターでもあり、デスクトップ仮想化に特化したし企業向けITソリューションサービスを提供するアセンテック株式会社の代表取締役社長 佐藤 直浩 氏にもHDX対応SoCの意味や意義に関してお伺いしました。

 

デスクトップ仮想化 デスクトップ仮想化 デスクトップ仮想化 デスクトップ仮想化
NComputing, Inc
日本代表
山田 哲夫 氏
アセンテック株式会社
代表取締役社長
佐藤 直浩 氏
アセンテック株式会社
マーケティング部
部長
岩崎 朋之 氏
アセンテック株式会社
VDIイノベーションセンター
センター長
多賀 英史 氏

インタビューア:早速ですが、NComputingが提供するNシリーズに関してお教えください。

山田氏:NComputingは、世界140カ国50000以上の顧客にデスクトップ仮想化ソリューションを提供するデスクトップ仮想化のリーディング企業です。2000万人を超える人々が日々NComutingのソリューションを利用しています。