AppFlow:次世代のアプリケーションパフォーマンス監視

この内容をPDFで読む

[PDF] AppFlow:次世代のアプリケーションパフォーマンス監視

はじめに:複雑さを増すアプリケーションのパフォーマンス監視

今日の常時ネットワークに接続されている世界では、多くの企業が、新規顧客の開拓および既存の顧客へのより良いサービスの提供、社員の生産性や運用効率性の向上、競争的差別化の推進および利益の追求を目的としてIT に投資しています。企業は、アプリケーション可用性の維持、重要な課題に対する回答の提供、データに基づく有意義な意志決定を行うために必要となるビジネスインテリジェンスの提供を行うようIT 部門に求めています。現在、多くの企業が抱えている課題の例を以下に示します。

  • クラウドサービスの導入により、データセンターの境界が曖昧になり、モバイルデバイスなどPC 以外からのアクセス利用が急増した場合、SLA はどのように監視され保証されるのか?
  • ユーザーからアプリケーションサービスへの明確なエンドツーエンドの運用上の可視性を、ネットワークタップや代理業者に巨額の投資を行うことなく、既存のツールを利用して、かつリアルタイムでどのようにして入手できるのか?
  • アプリケーションリソースにアクセスしているのは誰か?どこからアクセスしているのか?使用しているブラウザやデバイスの種類は?利用パターンは?これらのユーザーに対するアプリケーションの実行方法は?それらをどのように把握していくのか。
  • ユーザーのプロファイルと振る舞いに関する情報を与えられた場合、アプリケーションはそれらのユーザーのニーズに適合するか?言い換えれば、できる限り最良のエクスペリエンスを提供するように、アプリケーションを最適化できるか?

これらの課題に対して総合的に応えることは非常に困難です。問題をより困難にしているのは、IT の変化です。アプリケーションのポートフォリオが拡張されモバイルアプリケーション、仮想デスクトップ、クラウド提供のサービスを含むようになると、従来的なツールは、必要とされるアプリケーションのパフォーマンス監視および管理を提供するのにはもはや適していません。求められているのは、オープンで標準ベースのユーザーに負担のかからないアプローチです。また、そのアプローチは、パブリック/プライベートクラウドで配備可能な柔軟性を持つこと、および特定の独自ツールに依存しないことが必要です。今こそ、アプリケーションの可視性を実現するためには何が必要か、現在企業が抱えている上記のような課題に応えるためにはどんなタイプのエンドツーエンドの全体的なデータが必要なのかを見直すべきです。

次世代のアプリケーションパフォーマンス監視に必要な条件

企業のIT 部門は、新しい運用およびビジネスインテリジェンスソリューションを積極的に採用しています。これらのソリューションがロールアウトされると、IT マネージャーは、自社のビジネスパートナーから要求されるアプリケーションおよびサービスパフォーマンスの全体像を提供するためには、基盤となるインフラストラクチャにおける相応した進歩が必要であることに気付きます。現在提供されているツールはある程度のアプリケーションまたはネットワークに関する可視性を提供しますが、個々のツールはそれぞれデータの表示に限界があるため、自社のIT 環境の特定の側面に関してしか報告できません。このことは、各ツールが解決できるビジネス課題の範囲を制限しています。

例えば、あるWebサイトの収益が落ち込み始めた場合、Webのログデータだけではその理由を示すことはできません。また、NetFlowが生成したネットワークデータだけでも、特定の問題を示すことはできないでしょう。しかし、これら2つの要素を組み合わせることで、iPhoneユーザーが劣悪なネットワーク状態を経験していることが原因で、潜在的に収益を生み出す取引を完了できていないことが明らかになる場合があります。

現在、このようなデータを取得する唯一の方法は、高価なネットワークタップを利用することです。ネットワークタップとは、ネットワークおよび同ネットワーク上で動作するアプリケーションをパケットレベルで監視するデバイスのことです。ネットワークタップは高価であるため、広く利用されているパブリック/プライベートクラウドでは全く使用できない可能性があります。例えば、自分が利用しているクラウドプロバイダに電話して、ネットワークタップへのアクセス許可を求めることなどは想像もできません。

データセンターへの接続形態におけるこのようなマクロ的な変化、すなわちビジネスインテリジェンスデータとコスト削減への取り組みに関する需要の増加は、アプリケーションのパフォーマンスの可視性とそれを実現する方法の再考が必要であることを意味しています。必要なものは、今日の企業ネットワーク向けの役立つ柔軟なエンドツーエンドのアプリケーションのパフォーマンス監視であり、自社で使用しているすべての種類のアプリケーションを対象とする監視です。この監視では、以下の特徴を持つソリューションを使用する必要があります。

  • コスト対効果に優れている
  • クラウド環境で利用できる
  • 標準技術に基づいている

appflow_1