【レポート】中小企業のためのVDI講座(2)VDI導入を阻む障壁とVDI-in-a-Box

先日掲載したレポート『中小企業のためのVDI講座(1) 仮想デスクトップ環境って何(1)』では、仮想デスクトップ環境(VDI : Virtual Desktop Infrastructure)の概要とメリットについて簡単に紹介した。その内容から、VDIがユーザーと管理者の双方に対して業務効率化などの効果をもたらす技術であることがおわかりいただけたと思う。

ただし前回の最後でも触れたが、実のところ、国内でのVDIの導入事例はほとんどが大企業である。というのも、通常のVDIは構築が複雑なうえ、費用も相応にかかるケースが多く、従業員が多数在籍する企業でなければ十分な投資対効果が見込めないためだ。

そんな中、登場した製品が、シトリックスの中小企業向け仮想デスクトップ環境「VDI-in-a-Box」である。構築が簡単なうえ低価格、それでいてパフォーマンスに優れるといった特徴があり、中小企業の導入障壁となりそうな問題がすべて解消されている。

今回は、VDI導入時の問題に触れながら、この「VDI-in-a-Box」の特徴を簡単に紹介していこう。

 

VDI導入の障壁1 – 複雑な構築作業

 

Citrix竹内氏

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
マーケティング本部
プロダクトマーケティング シニアマネージャー
竹内裕治氏

 

VDIを導入するにあたっての最大の問題。それは構築作業にある。

大規模システムの構築経験をお持ちの方は想像がつくだろうが、実は、一般的なVDIを構築するうえでは、それを実行するサーバを用意しただけでは足りない。別途、共有ストレージやプロビジョニング/管理を行うサーバを設置する必要があるほか、セッション管理を行う「接続ブローカー」と呼ばれるサーバも求められる。

単純にこの構成を揃えるだけでも大変だが、VDIは従業員が日常的に使用するシステムなだけに障害による停止は許されず、設計の際には可用性やパフォーマンスなども考慮しなければならない。検討項目は多岐にわたるうえ、構築した後も入念なテストが必要だ。

「設計から導入まで、長ければ1年以上かかるケースもあります。技術的にも作業工数的にも、中小企業に耐えられるものではないでしょう。これが中小企業における仮想デスクトップ環境導入の最大の障壁となっていました」とシトリックス・システムズ・ジャパン マーケティング本部 プロダクトマーケティング シニアマネージャーの竹内裕治氏は語る。

VDI-in-a-Boxの最大の特徴は、こうした問題を回避できる点にある。中小企業での利用を意識した同製品はオールインワンの製品構成になっている。管理ソフトウェアや接続ブローカーの機能をあらかじめ同梱。サーバ内のストレージを利用する仕組みで、SAN(Storage Area Network)などの共有ストレージも不要だ。

一般的なVDIのシステム構成とVDI-in-a-Boxのシステム構成

一般的なVDIのシステム構成とVDI-in-a-Boxのシステム構成

VDI-in-a-Boxは簡単な環境で構築できる

VDI-in-a-Boxは簡単な環境で構築できる

 

また、ハードウェアに関しても特別なものを用意する必要はない。廉価版のサーバ機で十分に対応でき、サーバ1台あたり最大50クライアント程度対応可能だ。

「サーバーサイジングの目安となるリファレンスを用意しているので、導入検討作業も円滑に進めていただけるはずです。また、50以上のクライアントで利用する場合も、100台使いたいならば2台、200台使いたいならば4台と、スケールアウト的にサーバを増やしていただければ問題ありません」(竹内氏)

後からユーザーが増えた場合も、サーバを増やすことで対応ができるため、スモールスタートが可能。最初はお試しで使ってみたいというユーザーにも適している。

 

VDI導入の障壁2 – 膨大な導入コスト

上記のような特徴を持つVDI-in-a-Boxは、導入にかかる費用も当然低く抑えられる。ネットワークが揃っている環境であれば、必要なハードウェアはサーバ機だけ。シトリックスの試算では、サーバ1台で50クライアントを利用する場合、1クライアントあたりのハードウェアコストは2万円という。

ソフトウェアで必要になるのは、VDI-in-a-Box、ハイパーバイザー、クライアントOSの3つ。このうち、VDI-in-a-Boxのライセンスは1台あたり2万6000円。ハイパーバイザーは、XenServer、VMware vSphere/ESXi、Hyper-Vに対応するが、それぞれの無料版でも利用可能だ。クライアントOSは、Windowsを利用する場合も、1台あたり1万円のMicrosoft VDAライセンスを購入するだけで済ませることが可能だ。

以上の合計は、1人あたり5万6000円※。中小企業でも十分に導入可能な額と言えるだろう。そのうえ、前回説明したとおり、VDIは運用フェーズにおいてコスト削減が期待できる。長い目で見た場合、大きなコストメリットが享受可能と言えるだろう。

※ 各費用は概算です。また冗長性を考慮した構成にする場合は、追加費用が発生します。

 

VDI-in-a-Box導入コストの見積もり

VDI-in-a-Box導入コストの見積もり

 

安価でも高品質/高性能なVDI-in-a-Box

これだけ低価格かつ導入が容易だと、使い勝手などで問題が生じるのではないかと不安になるかもしれないが、その心配は不要である。

VDIは技術の性質上、パフォーマンスが懸念の種になりがちだ、VDI-in-a-Boxは、大企業で多くの導入の実績を誇る高機能な仮想デスクトップ環境「XenDesktop」のベース技術を組み込んでいる。

「VDI-in-a-Boxでは、XenDesktopでも使用しているHDXテクノロジを採用しています。高品質な画面転送が可能なうえ、体感パフォーマンスも非常に高く、動画の再生も含めて、使っていて待たされるということはほとんどありません」(竹内氏)

クライアントデバイスからの接続には、Citrix Receiverを使用しており、WindowsやMac、LinuxなどのPCのみならず、iOS、Android、からも利用可能。ネットワークにさえつながっていればどこからでもアクセスでき、VDIの利便性を損なうことはない。

Citrix竹内氏

 

ちなみに、シトリックスが以前から提供してきたXenDesktopは、大規模環境を意識した製品になる。数千、数万人規模のユーザーにも対応でき、遠隔地からサーバ管理用のデスクトップ環境が呼び出せる機能も搭載されている。ネットワーク経由でサーバを再起動することも可能だ。VMイメージ作成と一括配布の仕組み、パーソナルな環境を容易に利用できるなどの特徴がある。さらに、仮想デスクトップはローカルPCに展開されたハイパーバイザーの上で動作する仕組みや、サーバーデスクトップを共有したり、単なるVDIを超えた包括的なデスクトップ仮想化ソリューションと言える。その上、定評あるアプリケーション仮想化の仕組みも実装するので、デスクトップとアプリケーションのセットで安心して仕事環境をまかなってくれる。

「XenDesktopは、運用/管理機能を中心に非常に高機能なデスクトップ仮想化システムですが、すべてのお客様にそういった機能が必要なわけではありません。専門知識のない管理者にとっては負担になるものもあるはずです。そういった部分を排除したのがVDI-in-a-Boxです。低コストなうえ、構築/運用に特別な知識も必要ありませんから、専任のIT管理者がいない中小企業でも手が届くはずです」と竹内氏。中小企業に新たな選択肢を与える製品として、その意義は大きいと言えるだろう。

 

*  *  *

以上、簡単だが、中小企業向けに開発されたVDI-in-a-Boxの特徴について説明した。

さて、このような特徴を持つVDI-in-a-Boxだが、本当に構築作業は簡単なのだろうか。次回は、実際に導入を試み、その様子をレポートしたい。