【ハウツー】本当に簡単!? 中堅/中小企業向けVDI環境「VDI-in-a-Box」を導入してみた

本企画ではこれまで2回にわたり、仮想デスクトップ環境や、中堅・中小企業向けソリューション「VDI-in-a-Box」について解説してきた。

仮想デスクトップ環境が、テレワーク/ノマドワーク環境を実現できるうえ、災害対策としても有効で、特に中小企業において最適なソリューションであること。VDI-in-a-Boxであればハードウェアを含めて1台あたり6万円弱(シトリック概算)であるうえ、導入作業も通常の仮想デスクトップ環境に比べて圧倒的に簡単なため、中小企業でも手の届くものであることがご理解いただけたと思う。

とはいえ、VDI-in-a-Boxが中小企業にとって本当に有効かどうかは、やはり実際に触ってみないとわからない。導入作業が膨大だったり、使い勝手に問題があったりすれば、無駄な投資という結果に陥ってしまうだろう。

そこで、本企画の最後となる今回は、VDI-in-a-Boxを導入し、動作させるまでを試してみたい。導入手順についても、画面を載せながらご紹介していくので、導入検討の参考として、あるいは導入作業のリファレンスとしてご活用いただければ幸いだ。

VDI-in-a-Box


取材先から遠いオフィスに戻らなくても済む!?

せっかく導入を行うので、筆者の実際の業務で活用することを想定しながら作業を進めていきたい。そのための背景を先に説明しておこう。

筆者の所属するONGSは、オフィスを東京都稲城市に構える、従業員4人の小さな企業である。ITに関連した記事/書籍の執筆のほか、中小規模のアプリケーション開発やセミナー講師なども行っている。取材や講演、打ち合わせなどで外出する機会が多く、1日に2、3件重なることも珍しくない。

一方でアプリケーション開発や、今回のような実証記事の執筆に際しては、社内のサーバに接続したデスクトップPCを利用している。検証結果や執筆原稿のデータはオフィスにしかないため、スケジュールによっては、朝から夕方までオフィス街で取材を重ねた後、稲城市のオフィスに戻って開発/執筆作業を進めなければならないケースもある。移動に要する時間は決して短くないため、可能であれば外出先から自宅に戻って作業をしたいという気分になることもあるが、そうもいかないというのが実情だ。

こうした問題を解決するうえで仮想デスクトップ環境は有効だ。社内でも、社外でも常に同じ環境が利用できるようになる。外出の多いビジネスマンにとってはありがたいメリットだ。


スケールアウトが簡単! 社員が増えても大丈夫

VDI-in-a-Boxについて、筆者が感じたメリットをもう少し挙げておこう。

同製品は、大企業向けに提供されている仮想デスクトップのソリューションを、単一のプロダクトとしてまとめ上げている。

通常、仮想デスクトップインフラを構築するためにはロードバランサ、コネクションブローカ、2台以上のマネージメントサーバ、プロビジョニングサーバ、高性能ストレージプールなどが必要になる。コストや作業の内容を考えると、中小企業でこれらをすべて用意するというのは現実的ではない。

しかし、VDI-in-a-Boxはこうしたサーバ群を必要としない。必要なのはハイパーバイザが搭載されたサーバだけだ。具体的には、以下のようなハイパーバイザが動作していればよい。

・ Citrix XenServer 6.0、5.6FP1、5.6
・ Microsoft Hyper-V 2008R2 SP1、Windows Server 2008R2 SP1
・ VMware ESXi 5.0、4.1

しかもスケールが極めて簡単という。性能に問題が出始めたら、同じハイパーバイザを搭載したサーバを追加すればよい。追加に必要な作業はVDI-in-a-Boxがすべて自動で実施してくれる。


対応するクライアントマシンは豊富、iPad/iPhoneからも利用可能

VDI-in-a-Boxを使うときに必要なCitrix Receiverは、様々なデバイスをサポートしているので、クライアントがPCに限定されず、iPadやiPhone、Androidデバイスからも利用できるようになる。

筆者の環境ではあまりないが、業務によってはデータが参照できればよいというケースもあるだろう。こうしたケースでは、PCよりもiPadのようなタブレットデバイスの方が手軽に利用できる。VDI-in-a-Boxで仮想デスクトップを導入した場合、そういったユースケースにも対応できるのだ。

また、PCにおいても、クライアントマシンはWindowsに限らず、Mac OS XやLinuxにも対応している。筆者は仕事柄、Mac OS XやLinuxマシンを利用することも多いので、これは大きなメリットだ。


試してみようVDI-in-a-Box

前置きはこれくらいにして、実際に試してみよう。百聞は一見にしかず、エンジニアであれば触れてみたほうが実感として理解しやすいはずだ。

ここではHP ProLiant ML350 G6サーをハードウェアとして採用してセットアップを紹介する。

・ プロセッサ Intel Xeon E5620クアッドコア1基
・ メモリ 6GB
・ ディスク 1TB

仮想化機能が搭載されたプロセッサを選択する点に注意しておきたい。ラックマウントモデルやタワーモデルのサーバ機でも、古いモデルに搭載されているプロセッサは仮想化機能を持っていないものがあり、そういったハードウェアは仮想マシンとして使用するOSなどでサポート外となることがある。

ハイパーバイザとしては、VDI-in-a-Boxと同じCitrix製のXenServerを選択。バージョンは6.0.2をインストールした。

XenServerのインストール自体は簡単だ。CentOSをインストールするような要領でインストールしていけばよい。

VDI-in-a-Box

VDI-in-a-Box
XenServerのセットアップの画面

次の状態にまでなれば、ディスプレイをはずしてサーバとして動作させておけばよい。あとは管理ツールからの操作となる。

VDI-in-a-Box
XenServerのコンフィギュレーション画面。この後はXenCenterからの設定になる

 

http://XenServerのIPアドレス/ にアクセスすると、XenCenterへのリンクが表示される。リンクにしたがってXenCenterをインストールし、XenServerに接続する。

VDI-in-a-Box
XenCenterの初期画面

VDI-in-a-Box
各ハードウェアのパフォーマンスも監視できる

 

次に、ダウンロードしてきたVDI-in-a-BoxをXenServerへインポートする。最終的に次のようにvdiManager(インポートした結果、vdiManagerがXenServerに追加される)のコンソールが表示されれば準備完了だ。

VDI-in-a-Box
vdiManagerの導入画面

VDI-in-a-Box
コンソールが表れ、管理者用アドレスが表示される

 

コンソールに「To access the console go to https://IPアドレス/admin」といった文字列が出力されているので、これをメモしておく。


ブラウザからVDI-in-a-Box管理コンソールにアクセス

vdiManagerのコンソールに出力されたURLにアクセスしてセットアップを継続する。以降の作業は基本的にPRODUCT DOCUMENTATION – Citrix VDI-in-a-Boxに記載されている方法通りに作業を進めていけばよい。作業にあたっては、XenServerが所属しているネットワークセグメント内にDHCPサーバがあること、Windowsのボリュームライセンスを取得していること、などが必須となる。このあたりは事前に準備しておこう。

いよいよVDIで使用するクライアントOSの準備になるが――当初はWindows 7の導入を予定していたものの、求められるハードウェアスペックが想定以上に高く、手元の古いマシンでは対応できそうになかった。余裕を持って見積もると、2、3台がいいところ。これではVDIのメリットが小さく、さすがに厳しいと言わざるをえない。これまでの経験上、ハードウェアリソースに余裕がないと予期せぬ事態に陥るケースが非常に多い。スケールアウトも適用をはばかりたくなるレベルだ。

悩んだ末に、今回は仮想PCとしてWindows XP SP3 32bitをセットアップすることにした。ちなみに、VDI-in-a-Box自体は当然ながらWindows 7 SP1 32/64ビットにも対応している。

ブラウザから上記URLの管理コンソールにアクセスすると、管理者名とパスワードの入力を求められる。ここはユーザー名vdiadmin、パスワードkavizaが設定されているので、この値を入力してログインする。

VDI-in-a-Box
VDI-in-a-Boxのログイン画面

 

基本的に手順にしたがってセットアップを続けていけばよい。

VDI-in-a-Box
ログイン後、手順が紹介される

VDI-in-a-Box
必要な情報を入力

VDI-in-a-Box
データストアの設定画面

 

最初のセットアップではまだグリッドが存在しないので、グリッドの作成では「Create a new VDI-in-a-Box grid」を選択する。

VDI-in-a-Box
続いてグリッドの設定

VDI-in-a-Box
最後にグリッドの名称と、ユーザー管理用データベースを指定すれば完了

 

ここまでセットアップしたら、一旦作業を止め、仮想PCのセットアップを実施する。


仮想PCのセットアップ

XenCenterに戻って、Windows XP SP3をセットアップする。ISOライブラリにWindows XP SP3のインストールISOを追加し、そこからインストールすればよい。

VDI-in-a-Box
仮想マシンのセットアップ画面

VDI-in-a-Box
イメージを指定すればインストールが始まる

 

イメージとして利用できるようにするには、次の条件を満たしている必要がある。インストール時には注意しておきたい。

・ Windows XP SP3の32ビット版であること。
・ ネットワークインタフェースカードはDevice0に設定され、1つのみ用意されていること。
・ ディスクイメージは1つだけであること。
・ XenServer Toolsがインストールされていること。
・ .NETフレームワーク3.5 SP1がインストールされていること。
・ リモートデスクトップの機能が有効になっていること。
・ リモートデスクトップが利用できるようにファイアウォールの設定が変更されていること。

Windows XP SP3 32ビットのインストールが完了したら、条件に合うようにソフトウェアのインストールや設定の変更を実施する。

VDI-in-a-Box
Windowsファイアウォールの設定

VDI-in-a-Box
今回の環境では.NETフレームワーク3.5 SP1以上が求められた

VDI-in-a-Box
リモートデスクトップの設定も有効にしておく必要がある

 

XenServer ToolsのインストールはXenCenterから指定して実施できる仕組みになっている。

VDI-in-a-Box
XenServer Toolsのインストールも求められる。こちらはあXenCenterから実行可能

VDI-in-a-Box
XenServer Toolsのインストールはウィザードベースで進められる

 

ここまで進んだら、セットアップした仮想PCは起動したまま、VDI-in-a-Boxの管理コンソール(ブラウザ)に戻ってセットアップを継続する。なお、XenCenterがデフォルトで設定する仮想マシン名には括弧が含まれているが、この文字はVDI-in-a-Boxでは利用できないため、括弧を取るなどしておく必要がある。


イメージの作成と接続確認

次はセットアップした仮想PCにログインしてVDI-in-a-Box Desktop Agentをインストールする。VDI-in-a-Box (vdiManager)は仮想PCにインストールされたVDI-in-a-Box Desktop Agentを経由して管理を実施するため、この作業が必要になる。手順がわかりにくいところだが、PRODUCT DOCUMENTATION – Citrix VDI-in-a-Boxの記載に従って作業を進めていけばよい。

接続にはCitrix Receiverを使用する。未インストールの場合は、このタイミングでインストールを実施する。VDI-in-a-Box Desktop Agentのインストール中には何度もダイアログが起動したり
消えたりする。それぞれ内容を確認しながら作業を進めていく。

VDI-in-a-Box
クライアントPCとの接続にCitrix Receiver が必要

VDI-in-a-Box
接続の設定はここで行う

VDI-in-a-Box
Windows XPのログイン画面が登場。管理者用のアカウントでログインする

VDI-in-a-Box
最初は各種の注意書きが表示される

VDI-in-a-Box
インストールが必要なソフトウェアも明示されるので、選択すればよい

VDI-in-a-Box
「次へ」を選択するとインストールプロセスがスタート

VDI-in-a-Box
インストールが完了すると改めてCitrix Receiverの画面に

VDI-in-a-Box
接続テストを求められる

VDI-in-a-Box
改めて管理者アカウントでログイン

VDI-in-a-Box
テスト接続が実行される

 

VDI-in-a-Box Desktop Agentをインストールしたらイメージの作成に入る。この作業には若干時間がかかるので、ここで一息付くのもよいだろう。

VDI-in-a-Box
続いてイメージの作成作業がスタート

VDI-in-a-Box
この作業はすぐには終わらないので、休憩がおすすめ

 

最後に、接続の確認を行う。

VDI-in-a-Box
続いて、プロトコルとポートの設定

VDI-in-a-Box
総合的な接続確認が行われる

VDI-in-a-Box
ユーザー用のIDでログイン

VDI-in-a-Box
こちらの画面がでればイメージは完成

 

続いて、複数のユーザーに展開するためにイメージのテンプレートを作成する。

VDI-in-a-Box
テンプレートの作成画面

 

用意しておく仮想デスクトップと、最大の仮想デスクトップ数を設定する。この値は後から変更できるので、最初は小さめの値に設定して動作検証をおこない、徐々に値を引き上げていけばよい。

VDI-in-a-Box
テンプレートの名称や使用するイメージ、ハードウェアリソースなどを指定する

VDI-in-a-Box
仮想マシンの最大数などを指定する

VDI-in-a-Box
作成が完了したユーザーグループの確認画面

 

ここまでくればセットアップは完了だ。


クライアントから接続してみよう

セットアップが完了したら、各種のクライアントからアクセスしてみよう。https://vdiManagerのIPアドレス/にアクセスして、作成したユーザーアカウントでログオンすると、仮想PCが利用できるようになる。

VDI-in-a-Box
クライアントPCからVDI-in-a-Boxに接続するとIDとパスワードが求められる

VDI-in-a-Box
その後XPのログオン画面が登場

 

試しに、LinuxやMac OS Xからも接続してみた。

VDI-in-a-Box
Linuxから接続したときのログオン画面

VDI-in-a-Box
Macから接続したときのログオン画面

VDI-in-a-Box
Macの画面上にWindows XPのログオン画面

VDI-in-a-Box
Windows XPのデスクトップが表示されていることが確認できる

 

iPadやiPhone向けにはCitrix Receiverがアプリとして提供されているので、これをインストールして利用することになる。

VDI-in-a-Box

VDI-in-a-Box
iPhone/iPadから接続するためのアプリも提供されている

 

ここまで作業すれば、VDI-in-a-Boxがどういったプロダクトで、どういった機能を提供してくれるのか、必要最低限のことは体験できるだろう。

ちなみに、オフィスの外から使用できるようにするには、これらに加えて専用のIPアドレスを取得して設定するなどの作業が必要になる。セキュリティを考慮すると、ネットワーク構成の変更も多少必要になるだろう。現時点では適当なIPアドレスがないので、こちらの作業は追って進めることにした。


VDI-in-a-Boxは中小で利用できる現実的なプロダクト

以上、今回はVDI-in-a-Boxの導入作業を行った。初めて作業する場合でも、1日ないしは2日あればセットアップは完了するだろう。英語でメニューが表示される部分もあるが、辞書片手でもやり過ごせるレベルだし、日本語のドキュメントも用意されている。Windowsのボリュームライセンスだけを用意しておけば、あとは無料で試すことができるので、ぜひ一度セットアップしてしばらく運用してみてほしい。

なお、VDI-in-a-Boxのように多くのユーザーを管理するソフトウェアは、設定が複雑だと思われがちだが実際はそうでもない。運用ルールさえしっかり決めれば、苦労することはないだろう。

VDI-in-a-Boxが特に優れていると思うのは、ハイパーバイザを追加するだけで性能がスケールするところだ。大企業レベルの台数をこなすことはできないが、中小で必要とされる台数であればこの機能で十分に対応できる。管理業務の負担軽減とPC購入の費用削減として効果が期待できるVDI-in-a-Boxは、十分検討に値するプロダクトだと言える。