アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)導入事例:ヤフー株式会社

yahoo_logo無料映像「GYAO!」のサービス品質向上をネットワークで支える
ヤフー株式会社
システム統括本部 サイトオペレーション本部
インフラ技術3 部 ロードバランス
宮田 耕一 氏
井比 努 氏

高画質映像を配信する800Gbps のネットワークを実現 サーバーの負荷を減らして運用コストの削減も図る

導入前の課題

  • HD 映像を配信してサービス品質を向上
  • L4 ロードバランサーではサーバーの台数と負荷が増大
  • 消費電力の肥大化やラックスペースの不足

導入後の効果

  • 100 万リクエスト/ 秒、800Gbps を安定的に処理
  • 高いL7 性能によってサーバー台数を減らしてコストを削減
  • 電力コストを抑制、サーバースペースにも余裕

ヤフー(Yahoo! JAPAN)は、人々と社会の課題を情報技術で解決する「課題解決エンジン」をミッションとして、月間総PV 数611 億(2015 年1 月から3 月の月間総PV 数の平均)を誇る日本最大級のポータルサイトを運営しています。インターネット広告やe コマース、各種会員サービスなどを柱に、日本のインターネット市場をけん引する事業者です。同社が、子会社である株式会社GYAO(GYAO)と協力して運営する無料映像配信サービス「GYAO!」では、多くのユーザーにより快適で、質の高いサービスを提供するために、HD 映像の配信に対応する必要がありました。800Gbps のスムーズな映像配信のために選択したのがCitrix NetScaler です。安定的なロードバランシングで負荷を軽減し、サーバーハードウェア台数の削減も合わせて実現しました。

課 題:800Gbps を安定処理する高速なロードバランサーが必要

「GYAO!」は、2009 年に「Yahoo! 動画」と統合され、動画投稿サイトとは一線を画し、著作権を重視した映像配信プラットフォームとして誕生したサービスです。順調にユーザー数も視聴数も増大していましたが、遅れていたHD 映像の配信に対応し、さらなるユーザー獲得に向けてサービス品質を向上させる施策が計画されました。従来の倍の画質となるHD 映像は、当然のことながら通信量も大幅に増大します。さらに今後も、ユーザー数の増加が見込まれている中で、既存のインフラでは賄えなくなるおそれがありました。そこで「Yahoo! JAPAN」では、「GYAO!」のネットワークインフラを大きく更改することを選択しました。問題は、どのようなロードバランサーを採用すべきかという点でした。

宮田 耕一氏ヤフー株式会社 システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術3 部でロードバランスを担当する宮田耕一氏は、厳しいインフラの要件があったと述べています。「新しい『GYAO!』では、毎秒100 万リクエスト・800Gbps のトラフィックを処理できる高速なインフラが必要でした。従来から利用しているレイヤー4 のロードバランサーでは、サーバーへの負荷が大きすぎてしまいます。そこで、レイヤー7 を高速に処理できるロードバランサーを導入してサーバーあたりの負荷を軽減し、台数と運用コストの抑制も目指す必要がありました。また今後、HTTPS が一般化していくことを考え、SSL 処理のパフォーマンスも重視していました」(宮田氏)。

 


下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください