仮想アプリケーション導入事例:福井大学医学部附属病院

25種類の部門アプリケーションを含む医療情報システム全体をCitrix XenDesktopのアプリケーション仮想化機能で実現。 医師や看護士の業務および端末管理を大幅に効率化

福井大学医学部附属病院(福井大学病院)は、600床を有する福井県唯一の特定機能病院であり、25の診療科、4つの中央診療施設、12の特殊診療施設で、さまざまな疾患に対応しています。「最高・最新の医療を安心と信頼の下で」という基本理念に基づき、総合診療部と救急部を一体化し、一次から三次まで、あらゆる救急患者を24時間受け入れる救急体制を確立。地域医療の最後の砦として、診療機能を充実し、安全で質の高い医療を提供できる環境を整えています。特に、コンピューター断層撮影(Computed Tomography:CT)やポジトロン断層法(Positron Emission Tomography:PET)などの画像解析分野には、かなり早い時期から取り組んでおり、データ解析センターも設置。県外の病院や大学からも研究者が訪れるなど、大学としての研究も盛んに行われています。またITの活用も積極的に推進。より一層の利便性向上を目的に、約25種類のアプリケーションの仮想化を、Citrix® XenDesktop®に含まれるアプリケーション仮想化機能、Citrix XenApp™により実現しました。

続きを読む

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます