仮想デスクトップ導入事例:徳島大学病院

tokushima-univ-hospital「電子カルテをはじめ、仮想デスクトップ上で利用しているアプリケーションに関しては、パフォーマンスが向上しました。これにより、XenDesktop内だけで業務のほとんどが完結する診療科や部門には好評です。業務の効率化で、患者さんへのよりよい診療も期待されます。将来的に、病院情報システムへの院外からのアクセスやBYODなどの実現も検討しており、XenDesktopに期待しています」

病院情報センター 副部長・助教
(診療放射線技師・医療情報技師・ITコーディネータ)
島井 健一郎 氏

院内業務の効率化とよりよい診療の実現を目指し、約1,800台のPCおよびタブレット端末で利用する仮想デスクトップを用いた病院情報システムを、Citrix XenDesktopで構築。今後、院外からのアクセスやBYODへの発展も視野に

徳島大学病院は、医科診療部門と歯科診療部門で構成され、病床数は696床で、医科26診療科、歯科4診療科、45の中央診療施設などを展開。約1,600人の医師、歯科医師、医療技術者、看護職員、事務職員が「生命の尊重と個人の尊厳の保持を基調とし、先端的で、かつ生きる力をはぐくむ医療を実践するとともに、人間愛に溢れた医療人を育成する。」という基本理念に基づいた医療サービスを提供しています。
2013年度の外来患者数は約43万894人で、入院患者数は約22万1,607人、手術件数は約6,935件に上り、徳島県下の中核病院として位置づけられています。 医学部附属病院と歯学部附属病院の統合により、医療設備や医療情報、人材を共用し、先端的な医療を効率よく提供することが可能。特定機能病院にも指定されており、高度先進医療の開発、実施などの取り組みにより、患者の視点に立った全人的な医療の提供を目指しています。

続きを読む