仮想デスクトップ導入事例:株式会社リコー

ワークスタイル改革の実現にXenDesktop を採用。モバイルワークで仮想デスクトップを活用し、より迅速なお客様対応を実現

事業活動の基礎となる理念・価値観である「リコーウェイ」に基づき、革新的な商品・サービスを提供することを事業領域とするリコーグループ。デジタル複合機(MFP)やプリンターなどのオフィス向け画像機器を提供する「画像& ソリューション」、サーマルメディア、光学機器、半導体、電装ユニットおよび計量器などの製造・販売を行う「産業」、デジタルカメラの製造・販売、関連会社によるリース、物流などを行う「その他」の3 つの分野で事業を展開しています。

現在、中期経営計画に基づいて、事業基盤を「モノ(製品)」単体から、「モノ(製品)」+「コト(サービス)」に変革するための取り組みを推進。従来の複合機等の「モノ」の販売による顧客価値の提供に加えて、顧客の潜在的要望を解決するサービス、ソリューション等の「コト」を提供することにより、利益拡大を目指しています。この取り組みを加速させ、より生産性を向上させる施策のひとつとしてワークスタイル改革を実践しています。その一環としてリコーでは、Citrix® XenDesktop® を使ったDaaS (Desktop as a Service)を採用、リコーグループにサービスを展開しています。

続きを読む