仮想デスクトップ導入事例:株式会社みずほ銀行

株式会社みずほ銀行「既存の行内業務アプリケーションにもタブレット端末から安全にアクセスし、業務プロセス改革を一層加速したい」

株式会社みずほ銀行
IT・システム統括第一部
戦略情報基盤システム推進チーム
次長
戸谷 友彦 氏

23,000台のタブレット端末を全役職員に配布。Citrix XenAppCitrix X1 Mouseの導入で既存の行内アプリケーションを有効活用し、業務プロセス改革を加速

「One MIZUHO」というスローガンを掲げるみずほ銀行は、国内最大級の顧客基盤や国内外の拠点ネットワークを有するリーディングバンク。国内に421 の本支店と40 の出張所を備え、銀行・信託・証券の一体戦略と、法人個人の一体戦略を推進し、多面的かつ有機的な総合金融サービスを提供しています。また、IT への取り組みも積極的で、2012 年から銀行サービスの一層の向上のためにiPad の導入を開始、2015 年にはワークスタイル変革を目的に2 万台を超える規模に拡大しました。そして、iPad から既存のWindows アプリケーションを活用するためにXenAppを採用、併せてX1 Mouse を試行活用し、業務プロセス改革を加速しています。

続きを読む